仕事を選ぶ時の注意点

失敗しないためのポイント

結婚式場

結婚式場のバイトに募集する際には、どんな仕事内容なのかをチェックしましょう。
実際の仕事内容が明確に記載されているかどうかを確認します。
仕事内容がはっきりしていない場合は、後から想定していない仕事まで頼まれる可能性があります。
表現が分かりにくかったり仕事内容がよく分からない場合は、面接で尋ねましょう。
応募してからの会社の反応が早いほど、信頼性が高いです。
応募したのになかなか面接の日が決まらなかったり、応募書類を提出したのになかなか反応がもらえいと、バイト探しの時間が長引いてしまいますし、実際に結婚式場で働き始めても不安な気持ちで働くことになってしまいます。
対応のきちんとした会社を選びましょう。
給料の支払いをしてくれなかったり支払が遅い、なかなかシフトに入れてもらえないなどのトラブルが生じる可能性もあります。
トラブルを避けるためには、しっかりしたサイトや運営元の会社を選ぶことが大切です。
結婚式場のバイトは、失敗が許されず、接客業の中でも敷居が高く難易度の高さを感じてしまう人が多いです。
特に接客業を経験したことの無い人にとっては、いきなりは足を踏み入れにくい分野でしょう。
しかし、お客様の前に出る前にしっかり研修を行ってくれるところであれば、心配は少ないです。
結婚式場のバイトで必要とされるスキルやマナーなどを学べる制度がきちんと整っているところを選ぶと、将来的にも役立てることができますし、安心して働くことができます。

複合的にこなすこともある

ブーケ

結婚式場のバイトは、仕事をしながら結婚式という幸せな瞬間に立ち会うことができます。
華やかな結婚式が滞り無く進んでいくようにサポートすることが求められます。
結婚式場のバイトの仕事内容は、大きく分けて3つに分類されます。
1つ目は、披露宴会場で料理や飲み物を配膳したり空いたお皿やグラスを片付けたりする仕事です。
飲食店のホール係と似たような仕事です。
披露宴が行われている2時間の間は、忙しく動き回る感じになります。
結婚式場の受付業務を行ったり、式の進行をしたり、ドア開けや招待客の誘導などを行う場合もあります。
続いて、キッチンで料理の盛り付けをしたりドリンクを作ったり、お皿を洗ったりするキッチンスタッフです。
調理自体は行わず、調理補助という形で仕事をするので、料理が得意である必要はありません。
飲食店のキッチンで働いた経験があれば、優遇されやすい傾向があります。
ビデオや写真撮影、編集、音響や照明など、式の進行と関わる仕事もあります。
これらは、結婚式場側からの求人もありますが、外部の映像制作会社からの求人もあります。
未経験でも働けるように、研修を行ってくれる場合もあります。
この他に、披露宴会場の設営や撤収などの仕事もあります。
設営や摂取はテーブルやいす、中の造作を動かさなければならないため、力仕事となります。
結婚式場によっては、複数の業務をバイトが並行してこなさなければならない場合があります。
バイトに応募する際に、どんな仕事をするのかを運営元にしっかり確認しましょう。

式に貢献したい

結婚式場

日常とは違う空間でバイトをしたい方であれば結婚式場の求人に応募しましょう。
求人を選ぶ際は自分に合う仕事がある場所を探します。
例えば結婚式場で参列者と多く触れ合いたい方であれば、ホールのバイトを求めましょう。
ホールでは披露宴が終了するまで小まめに配膳を行います。
結婚式はフォーマルな場ですから、カジュアルな飲食店よりもマナーに気を配って従事することが大切です。
特に参列者から話しかけられた際は丁寧な言葉遣いを心がけましょう。
また表には出ないバイトを求めている方であれば、キッチンスタッフを求めている結婚式場に応募します。
キッチンでは結婚式と言うセレモニーで提供する特別な料理を作っています。
フルコースが出るのが一般的ですから、料理の腕を磨きたい方に向いています。
結婚式場によっては調理補助や仕込みの人材を求めていることもありますので、簡単な料理から始めたい方は初心者向けのバイトを探すと良いでしょう。
また特殊技術を使って従事できるバイトを探している方は、音響や照明に応募します。
結婚式の一日を形作る上で大切なスタッフですから、演出で式に関わりたい方にとって理想的なバイトです。
また結婚式場にはホテルからゲストハウスまで種類がありますので、実際に足を運んで自分にとって魅力的なバイト先かどうか確認が欠かせません。
時給だけでなく内装や周辺環境まで確認して気持ち良く働けるバイト先を求めましょう。
結婚式場そのものの評判はネットでチェックできます。

派遣の基本知識

女性

人材派遣という形で、労働に就いている方がいますが、オイルショックから広まり始め、1985年に派遣労働者を保護する法律が成立したのです。派遣事業は大きく3つの形態に分けることができ、派遣先企業はどの形態の労働者を受け入れるか、十分に考える必要があります。

もっと読む

長く続けられる職種

オペレーター

コールセンターは長く働ける仕事として人気を集めている仕事の一つですが、各企業の求人により仕事内容は異なります。しかし、今後ライフスタイルが変化したり、引っ越しをしても継続出来ますので、長く働きたい人にはお勧めです。

もっと読む

高時給のオフィスワーク

オペレーター

新しくオフィスワークの仕事をしたい方、高時給の仕事にチャレンジしたい方には、コールセンターのアルバイトをお勧めします。未経験スタートでも親切な先輩がいるから安心です。働きながらステップアップもできるので、やりがいのある仕事ですよ。

もっと読む